コミック

【推しの子】単行本1巻の感想は【1巻の全てが伏線】

あなたは「推しの子」という漫画をご存知でしょうか?

現時点でそれなりに有名な漫画だと思うけど、まだ知らない人も多いかと思う。

でも、私は声を大にして言いたい。

ジャスタ

とりあえず1巻を読んでみて!ヤバイくらいハマるよ

ちょっと大げさかもしれないですけど、

私にとっては、そのくらい言っても過言じゃなく面白い漫画。

そんな【推しの子】1巻の感想をこれから伝えていきたいと思う。

【推しの子】1巻のあらすじ(ネタバレなし)

推しの子1巻のあらすじは、公式サイトに乗っていたので紹介しますね。

「この芸能界(せかい)において嘘は武器だ」 地方都市で、産婦人科医として働くゴロー。芸能界とは無縁の日々。一方、彼の“推し”のアイドル・星野アイは、スターダムを上り始めていた。そんな二人が“最悪”の出会いを果たし、運命が動き出す…!? “赤坂アカ×横槍メンゴ”の豪華タッグが全く新しい切り口で“芸能界”を描く衝撃作開幕!!

ヤンジャンより引用

ちなみに1話〜3話までは無条件で無料で読めます。

もし気になったら下にリンクを貼っておくので、ぜひ読んで見てください。

ここから公式ページで1話〜3話まで無料で読めます。

作者タッグが豪華(赤坂アカ×横槍メンゴ)

【推しの子】は、作者のタッグがとても豪華です。

ポイント

原作:赤坂アカ
代表作:「かぐや様は告らせたい」2021年4月時点でシリーズ累計発行部数は1500万部を突破)

作画:横槍メンゴ
代表作:「クズの本懐」)

赤坂アカさんの漫画「かぐや様は告らせたい」はヤングジャンプを代表する連載作品だし、

横槍メンゴさんは女の子を魅力的に描くのが神レベルで上手い。

こんな2人がタッグを組んで生まれた、魅力があふれ出す漫画。

それが【推しの子】です。

【推しの子】1巻のあらすじ(ネタバレあり)

上のコマにあるように、アイドルグループ「B小町」の絶対的エースのアイのことを、

主人公の産科医ゴロー(上のコマの男性)が、熱烈に推しているところから物語はスタート。

ここから怒涛の展開が待っています。

【第一話】アイとの出会いが衝撃的

【第一話】

1番右上のコマで、アイドルのアイが妊娠した状態でゴローの病院に突然やって来ます。

動揺するゴロー。

超絶で推しているアイドルが妊娠してやって来たら、そらビビりますよね。

でも、アイの担当医としてしっかりサポートしていくゴロー。

出産予定日まで来たところで、ストーリーが大きく動きます。

なんとゴローが、アイのストーカーのような男に殺されてしまうのです。

ジャスタ

ゴロー死んでしまった...
この後どうなるの?

その答えが、次のコマです。

答え:自分が推してたアイドルの子に転生する

ジャスタ

だからタイトルが【推しの子】なのか...

ちなみによく見ると、双子なのが大きなポイントです。

【第八話、第九話】大きく動くストーリー【伏線パート】

この第八話と第九話のために1巻があると言えるほどのストーリーが展開されます。

これ以上はネタバレすぎて、さすがに言えないので単行本でぜひ確認してみてください。

【推しの子】1巻の見どころ

【推しの子】には、上のコマのように絵がめっちゃ上手いところが大きな見どころです。

他にもギャグがキレキレで、面白いので紹介していきます。

重曹を舐める天才子役

重曹ちゃんの誕生の瞬間でした

「10秒で泣ける天才子役」が「重曹を舐める天才子役」という面白いパワーワードに変えられた瞬間でした。

ヲタ芸する双子の赤ちゃん

二人がライプ中にヲタ芸したおかげで、21万リツイートまで伸びたそうです。

恐ろしい子。

まとめ

【推しの子】1巻は、コメディで行くのかと思いきや、第八話と第九話で一気にストーリーが激変します。

そこをぜひ見てもらって【推しの子】の世界にどっぷりとハマってしまいましょう。

-コミック