Mac

【圧倒的ハイスペック】M1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proが発表!初級Apple信者が気になったポイント

こんにちは、Apple信者のジャスタです。

10月19日のApple Eventで新しい14インチ・16インチMacBook Proが発表されました。

特徴としては、M1 Pro・M1 Maxチップが搭載されたことで、クリエイターが待ち望んだ超ハイエンドな性能になったようです。

私自身はブログを書く程度なので、今使っているM1 MacBook Airでスペックについては満足しているのですが、

最高スペックのものがどう進化したかは気になります。

この記事ではガチ勢じゃないけど、

Apple沼にハマり始めている初級Apple信者の私が、

新しいMacBook Proについて、普段使いでも恩恵を感じられそうなポイントを中心に取り上げて紹介していきます。

M1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proのグッドポイント

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proで多くの人が恩恵を感じられるグッドポイントは、以下の4つです。

グッドポイント

・ディスプレイのリフレッシュレートが最大120Hzに上がった

・SDXCカードリーダーとHDMI端子が付いた

・スピーカーが空間オーディオに対応した

・ベゼルがより小さくなった

この4つのポイントについて、この後詳しく見ていきます。

ディスプレイのリフレッシュレートが最大120Hzに上がった

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proの良いところ1つ目は、ディスプレイのリフレッシュレートが最大120Hzに上がったことです。

リフレッシュレートが最大120Hzは、iPhone13 ProやiPad proではすでに採用されていましたが、

ブラウジングした時のスクロールの滑らかさに大きな違いが出てきます。

スクロールした時の残像感が、120Hzと従来の60Hzではかなり違うので、

普段の何気ないブラウジングがより快適になるのが、大きなメリットです。

SDXCカードリーダーとHDMI端子が付いた

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proの良いところ2つ目は、SDXCカードリーダーとHDMI端子が付いたことです。

去年発売されたM1 MacBookにはこの2つがなかったので、

何かしようとしたらUSB Cハブがけっこう重要なアイテムでした。

特にSDXCカードリーダーはカメラで撮った写真データを読み込むのに欲しいという声をよく見かけたので、

不便さがかなり解消されたと言えるでしょう。

スピーカーが空間オーディオに対応した

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proの良いところ3つ目は、スピーカーが空間オーディオに対応したことです。

スピーカーが空間オーディオ対応は、先に発売されたiMac24インチですでに対応していましたが、

Netflixなど対応したコンテンツを聞いた時に1ランク上の体験ができると個人的には思うので、

あまり注目されていない気はしますが重要な進化だと感じます。

ベゼルがより小さくなった

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proの良いところ4つ目は、ベゼルがより小さくなったことです。

ベゼルは小さければ小さいほど画面への没入感が増すと思うので、

より集中して作業に打ち込めそうなのは、非常に好印象です。

M1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proのバッドポイント

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proで多くの人が恩恵を感じられるバッドポイントは、以下の3つです。

バッドポイント

・バッテリー持ちは、M1 MacBook Proより短い

・ハイエンドなので価格が高い

・ノッチがある

この3つのポイントについて、この後詳しく見ていきます。

バッテリー持ちは、M1 MacBook Proより短い

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proの良くないところ1つ目は、バッテリー持ちは、M1 MacBook Proより短いことです。

バッテリー持ちについては、さらに長くなるという噂を耳にしていたので意外でしたが、

M1 MacBook Proは最大17時間のワイヤレスインターネットが可能だったのに対して、

M1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proは最大11時間と短くなっています。

スペックの高さと引き換えになったんでしょうけど、けっこう残念でした。

ハイエンドなので価格が高い

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proの良くないところ2つ目は、ハイエンドなので価格が高いところです。

おそらくクリエイターから見ると、これだけのスペックのものをこの値段から買えるのかという感覚があると思いますけど、

1番安いモデルで239,800円なので、一般的な感覚ではなかなかお高いです。

ノッチがある

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proの良くないところ3つ目は、ノッチがあるところです。

ベゼルを小さくするには仕方ないかもしれませんが、

パソコンでディスプレイ中央にノッチがあるのって、地味に気になる気がしてます。

まとめ

新しいM1 Pro・M1 Maxチップ搭載MacBook Proは、正直なところほとんどの人にオーバースペックになると思います。

ですが、ノートパソコンの既成概念を打ち破り、未来を感じさせてくれるところが魅力でもあります。

とりあえず家電量販店の店頭に入荷されて触れる機会をワクワクしながら待ちたいと思います。

-Mac