Apple Watch SE2を返品してApple Watch 7を買った理由

こんにちは、ジャスタです。

つい最近発売されたApple Watch SE第2世代を買ったけど、1週間で返品し、代わりに1年前に発売されたApple Watch 7を買いました。

今回は、なぜApple Watch SE第2世代を買ったのに返品して、代わりにApple Watch 7を買ったのかを話します。

ちなみにApple WatchをApple公式サイトで買った場合、買って2週間以内なら返品できます。返品は良いことじゃないけど、知っておくと役に立つかもです。

目次

Apple Watch SE2を返品した理由3つ

私がApple Watch SE2を返品した理由3つあるので、この後で詳しく記していきますね。

ディスプレイが常時点灯じゃない

Apple Watch SE第2世代を返品した1番大きな理由は、ディスプレイが常時点灯じゃなかったからです。

ちなみにディスプレイが常時点灯じゃないことは知って上でApple Watch SE第2世代を買ったんです。

でも実際に使ってみたら、時計をチラッと見たときに画面が真っ暗で、自分の顔に向かってApple Watchを向ける動作がけっこうストレスでした。

その点、Apple Watch 7はディスプレイが常時点灯なので、そこに大きな魅力を感じました。

Apple Watch 7Amazonタイムセールで安くなっていた

2つ目の理由は、Apple Watch SE第2世代を買って1週間後のAmazonタイムセールで、Apple Watch 7が約1万円安くなってたんです。

普段Amazonでは、1年前に発売されたとはいえハイエンドモデルであるApple Watch 7の方が、エントリーモデルのApple Watch SE第2世代より2万円ほど高いんですけど、セールで1万円差まで縮まってたのに惹かれました。

Apple Watch 7 45mmApple Watch SE2世代44mm1mmの違いがデカい

Apple Watch SE2第2世代を買ってから、わりとすぐにディスプレイのベゼルがちょっと太いなと気になってました。

そのときに、Apple信者1億人創出計画というYouTubeチャンネルで、45mmと44mmの1mmの差がデカいって話しを以前してたのを思い出したんですよね。

せっかく買ったからには満足して長く使いたいという気持ちが強くなり、そうすると見た目はかなり大事だと思いました。

そこで、最終的にApple Watch SE第2世代を返品して、もう1万円多く出してでもApple Watch 7を買おうと思ったんです。

Apple Watch 7Amazonタイムセール対象なら狙い目のアイテム

今回Apple Watch 7を買って思ったのは、セール時なら狙う価値が高いなと感じました。

例年通りなら11月にAmazonブラックフライデーという特大のセールが開催されるので、そこでApple Watch 7が再度セール対象になれば、普段のタイムセールよりも大きな割引が期待できそうです。

まとめ:Apple Watch 7はAmazonなどのセール時なら狙い目。でもすぐ欲しければApple Watch SE第2世代も良い

私は1年前に発売されたApple Watch 7と、つい最近発売されたApple Watch SE2のどちらも使ってみたけど、どちらが良いかと言われたらApple Watch 7を選びます。そのくらい常時点灯ディスプレイは大切な機能です。

あとは、時計の文字盤や壁紙を設定したときの見栄えがApple Watch 7の方が良いですね。

日常使いで時計らしさにこだわるなら、やはりApple Watch 7に軍配が上がると思います。

なので、いつかApple Watchを買いたいけど、Apple Watch ultraや8は高くてApple Watch  SE第2世代を検討している方には、セールになったときのApple Watch 7を狙うという選択肢もありです。

ただ、すぐにでもApple Watchを比較的安く欲しいという場合は、時間がもったいないのでApple Watch第2世代を買っちゃってオッケーだと思います。

今回はここまでです。それでは、また。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iPad proのを購入をきっかけにブログを始める。
好きなゲームのぼくドラと黒ウィズの紹介に励む日々。
たまにApple製品とガジェットを紹介していきます。

コメント

コメントする

目次